下水道の工事

下水道の共用開始区域になったら、3年以内に下水道に切り替えるようにとの案内が市町村から届きます。これは法律により決まっていることですが、工事にかかる費用は個人負担になります。
下水道工事というのは各家庭から出る汚水を排水設備を通じて公共下水道に流すための工事です。これまで普及していた浄化槽による汚水の処理はバクテリアによるもので、処理能力に限界があり、特に夏場は匂いが気になったり、またその処理水は側溝に流し出しているので、浄化槽が大半という地域では側溝の汚れがひどい、蚊やハエの発生が多いという問題がおこりがちです。このような状況は下水への切り替えにより改善されます。弊社では下水の取り付けマスの位置などのご相談にも応じていますので是非お任せ下さい。


下水道工事の流れ

  1. 公共下水道工事
    各市町村の整備計画により道路に下水道管を埋設する工事が行われます。
  2. 共用開始
    公共下水道工事が終わると“供用開始”の通知が届きます。各家庭での下水道工事ができるようになります。
  3. 見積もり
    お電話いただければ担当者がおうかがいします。下見をさせていただき、見積書を作成します。ご検討の上納得いただけましたら契約となります。
  4. 下水道敷設工事
    下水道管を埋設する工事はもちろん、下水道局への各種申請などすべて弊社が代行致します。
  5. 完成
    工事の契約をいただいてから、下水道が使えるようになるまでには大体10日から2週間かかります。